スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

小芝居劇場「ふたりのロッテ 5-10」

2012年10月09日 01:53

<楽長パルフィー氏の複雑な内面生活 その2>

ルイーゼロッテ・パルフィー、旧姓ケルナーは、20歳にもならないくらいでしたが
夫が家に、ごく稀にしか戻らない事を、快く思っていませんでした

そして、夫が仕事部屋で楽譜を書くばかりでなく
彼をたいそう、親切だと思っている、オペラの女の歌手たちと
歌の役を研究している事を、聞きこんだ時、彼女は怒って・・・
離婚状を叩きつけたのです!

012 10 7 004

そこで、楽長はうまく逃げられたわけです(!)
今は、思う存分、ひとりになることが出来ました
ふたごのひとりは、働きのある「ねえや」が世話をしました

012 10 7 005

さて、そうなってみると、急にまた、具合が悪くなりました

012 10 7 006

あぁ!こういう芸術家ときては!
彼は実際、自分が何を望んでいるのか、自分でもわからないのです!
ともかく、そういう時は、住まいに帰って小さいルイーゼと遊ぶことが出来ました

012 10 7 007

彼は、せっせと作曲し指揮をし、年々有名になりました
ミュンヘンで、ルートウィヒ・パルフィー氏の演奏会があるごとに
ルイーゼロッテ・ケルナーは切符を買って、一番後ろの席で頭を垂れて腰掛け
別れた夫の音楽から、夫が幸福ではない事を、聴き取るのでした

012 10 7 008

成功を博しているにもかかわらず
ひとりになれたにもかかわらず・・・

6章につづく・・・
web拍手 by FC2


コメント

  1. 遥か♪ | URL | k9MHGdfk

    ええーΣ(- -ノ)ノ エェ!?
    離婚する時あっさり一人ずつ引き取ってる…。
    「二人とも私が育てますっ!」的なやり取りはなかったんですね。

    一人になれたにも関わらず虚しい気持ちを持ったお父さん、音楽を聴くだけで幸せじゃないと聴き取れるお母さん。
    二人ともお互いの必要性を感じてそうなのに~。
    子供達が頑張ってくれることを期待してます。

  2. *AN* | URL | -

    遥か♪さん

    そうなんですよぉ
    私も、子ども心にも、この辺が理解できませんでした
    それに、お父さんとお母さんの本当の気持ち・・・
    ここで、少し希望が見えた気がするんですけれど
    ふたごは、頑張りますよ~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andy3.blog46.fc2.com/tb.php/802-bba63b69
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。