スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

小芝居劇場「飛ぶ教室 第9章 その6」

2012年04月03日 01:31

<郵便集配人に出会う・・・マルチンの家への手紙>

夜中過ぎて、ふたりは家に帰りました
少年時代の、色々な出来事が思い浮かんできました

2012 4 2 001

それは何と、古い昔の事だったでしょう!
だが、それはここでの事でした
今夜散歩している、この往来での事でした
20年前、一緒に教室にいた連中は、どうなったでしょう?

頭の上では、星がきらめいていました
それも、昔と同じ星でした・・・

通りの角で、郵便集配人が、ポストを開けていました

2012 4 2 003

2012 4 2 004

それはそうと、郵便集配人が開けたポストの中には
ヘルムスドルフのターラー夫妻あての手紙が入っていました
裏には、マルチン・ターラー・・・と書かれていました

2012 4 2 005

2012 4 2 006

さて、今しがたのべた手紙は、次の通りでした

**マルチンの手紙**

愛する優しいお母さん!
まず、僕は、お察しの通り胸をつかれました
でも、仕方がありません
僕は、少しも泣きませんでした
ただの1滴も
それを、お母さんにもお父さんにも約束します
チョコレートは、パン屋のシェルフさんの店で買います
そこはとても安いと、マチアスが言います
そり遊びもします
もし、それで、お母さんが喜んでくださるなら、きっと行きます
安心していてください
お金を本当にありがとうございました

今度は、一緒に居られない最初のクリスマスです
むろん大変悲しい事です
でも、母さんは僕を知っています
僕は、ぺちゃんこになんかならないぞと思ったら、決してなりません
僕だって、男ですもの!

小包は、明日の大きな楽しみにしています
小さなロウソクも立てます
僕の他に、ヨーニーも残ります
それから、ウリーも
彼は、右足を折りました
この方が、ずっとひどい事ですよね?
しっかりしていれば、何も悪い事はないって、ヨーニーは言います
ほんとにそうですね!

今度は、お母さんにもお父さんにも、何も贈り物ができません
お察しください!
来年は、たぶん、新1年生のひとりに、補習教授をしてやって、たくさんお金が入ります
すてきでしょう?
でも、僕はお母さんたちの為に、絵を1枚描きました
「10年後」という題で、僕が青い馬車にお母さんたちを乗せて、アルプスの向こうまで行った画面です
手紙に同封します
この絵が、お母さんたちの気に入ります様に!
これより美しくは、まだ描けません

お母さん、夕食のベルが鳴っていますから、もう、おしまいにしなければなりません
クリスマスに家に帰れなくても、僕を本当に可愛がってくださいね
悲しがらないで!僕も悲しみません!
僕は、そり遊びにも行き、いつもお母さんの事を考えています
きっと、とても愉快な事でしょう
お父さんにも、くれぐれもよろしく

おふたりの男らしいマルチンから
****

ポストを空にした郵便集配人は、彼の大きなカバンの中に、どんなにたくさんのため息が飛び込んだか、気づきませんでした

2012 4 2 007

ベク先生も、禁煙先生も、気づきませんでした

第10章につづく・・・
web拍手 by FC2


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andy3.blog46.fc2.com/tb.php/666-bb0db390
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。