スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

小芝居劇場「飛ぶ教室 第9章 その3」

2012年03月31日 01:25

<役割の変更・・つづき>

まず、マチアスは・・・・

2012 3 30 001

2012 3 30 002

マチアスは、正義先生にそう言われて、憤慨していました
マルチンは、机の前で「学校に残らなければならない事」を悲しんでいました

2012 3 30 003

2012 3 30 004

マルチンは、考え続けました
「僕たちが悪い人間なのか? そんなことはない!
それなら、どこに原因があるのか。
それは、世の中が正しくないためだ
そのために、非常に多くの人が苦しんでいる
それを変えようとする、親切な人たちもいるけれど、クリスマスの晩は、もう明後日に迫っている。
それまでに世の中を変える事は、できないだろう。。。」

マルチンは、歩いて家へ帰ろうかとさえ、考えました
それには3日はかかるでしょう
冬の最中に。。。
早くても、2日目でなければ家に着けません
あの5マークで、食費と宿泊代に足りるかどうか
休みが済めば、また学校へ戻らなくてはなりません!
その時は、両親は、また、旅費に困るでしょう!
だめでした
どう考えてみても、今度は学校に残るほか、ありませんでした。。。

こうして悩んでいたので、ヨーニーとゼバスチアンが話しかけても・・・

2012 3 30 005

2012 3 30 007

マルチンは、まるで、他の言葉はもう無いもののようでした
そして、机の蓋をあけ、便箋を取り出しました
ヨーニーとゼバスチアンは、仕方なく部屋を出ました

2012 3 30 009

それから、ふたりは中等科3年生のシュテッカーと話しました
シュテッカーは、すっかり夢中になりました♪

2012 3 30 010

2012 3 30 011

2012 3 30 012

そこで、小さい少年は、急いで一生懸命、その役の勉強に取り掛かりました

2012 3 30 013

つづく・・・。
web拍手 by FC2


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andy3.blog46.fc2.com/tb.php/663-1ea736c7
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。