スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

小芝居劇場「飛ぶ教室 第7章 その5」

2012年03月18日 02:30

<ベク先生の散歩・・・菜園内の再会と垣根のそばの握手>

昼食前、食堂長が郵便を配りました
それは、みんなが待ち受けていた旅費でした♪

マチアスは、早速「自分が空腹に苦しんだ時に貸してくれた」みんなにお金を返しました
マルチンは、未だに、みんなが居る所では、手紙を開けませんでした

2012 3 18 001

2012 3 18 002

両親に贈る絵は、とても綺麗でしたが、それだけでは少なすぎると思いました
さて、お金を返したマチアスは・・・

2012 3 18 003

食事が終わり、食堂が空っぽになると、ヨーニーとマルチンはベク先生の所に行きました

2012 3 18 004

「さて、外に出るのかい?」
先生が尋ねると、二人は頷きました
「興味をそそられるね・・・」と先生が言いました

2012 3 18 005

歩きながら、出し抜けにヨーニーが尋ねました

2012 3 18 007

2012 3 18 006

「ただ聞いてみただけです」とヨーニーは言いました(!)

垣根を越えて、菜園に入ると
「20年前は、ここはまだ森だった。我々は、何かたくらむと、垣根を乗り越えたものだ」
先生がそう言うと、「今でも僕たち、同じことをやってますよ」とマルチンが言いました
そして、3人は笑いました

2012 3 18 009

2012 3 18 010

マルチンは、客車のドアを3回ノックしました
ドアが開いて、禁煙先生が出てきました

2012 3 18 011

突然、正義先生は深いため息を発し、禁煙先生に駆け寄りました!

2012 3 18 012

ふたりの少年がこっそり立ち去るのに、たいして骨は折れませんでした
ふたりの先生は、柱のように立ちつくし、互いにじっと見つめあっていたから・・・

2012 3 18 013

2012 3 18 014

マルチンとヨーニーは、無言のまま走りました
そして、垣根を乗り越える前に、手を握り合いました

2012 3 18 015

それは、無言の約束をしているようでした
言葉では言い表せない、約束を・・・

第8章に、つづく・・・
web拍手 by FC2


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andy3.blog46.fc2.com/tb.php/654-dda4142c
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。