スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

小芝居劇場「飛ぶ教室 第6章 その2」

2012年03月01日 01:29

<古いシャレを大いに喜ぶ>

本当に、気持ちの良い晩でした。
中等科1年生と2年生たちは、頭を寄せて贈り物について打ち明けあっています

2012 2 29 001

そのうち、高等科2年のフリッチェが、午前の授業に起こった出来事を話し始めました

2012 2 29 002

2012 2 29 004

2012 2 29 005

2012 2 29 006

2012 2 29 008

フリッチェは笑いました
他の数人も笑いました
しかし、大多数の者には、高等科2年生の態度に、納得がいかないようでした

2012 2 29 009

フリッチェは続けました
「そうでなきゃ、生徒は朝からベッドに寝たまま、蓄音機で授業を唱えさせたっていいんだ!
いや、いや、僕たちには、教師としての人間が必要なんで、2本足の缶詰が必要なんじゃないんだ!
僕たちを発達させようというのなら、自分も発達する先生が必要なんだ!」

その時です!!!!
ドアが開いて、グリューケルン老教授が9号室に入って来ました!!
そして・・

2012 2 29 013

「それなら結構」と言って、先生は次の部屋に行きました・・・
中等科2年生は、好奇心をもって尋ねました

2012 2 29 011

すると、美少年テオドルが言いました

2012 2 29 012

つづく・・・
web拍手 by FC2


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andy3.blog46.fc2.com/tb.php/643-9705e129
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。