スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

小芝居劇場「飛ぶ教室 第4章 その4」

2012年02月16日 01:42

<勝ってもよい許しとエーガーラントの退陣>

ふしん場の手前で、マルチンはふたりを引きとめました

2012 2 16 001
ヨーニーは力いっぱい走って行きます!
マルチンとマッツは、隙間から様子をうかがいました

2012 2 16 002

実業学校の生徒たちは、もう、勝った気になっていました!
けれど、ゼバスチアンたちが、全く不意に前進してきたので、慌てて退き・・
そこを、マルチンたちが背後から攻撃しました!

2012 2 16 004

敵は浮足立ち、バラバラになって、あるいは群れを成して、逃げました
エーガーラントだけが踏みとどまっていました
かれは、さながら「見捨てられた不幸な王様」の観がありました
こだる君が、彼をめがけて突進しました

2012 2 16 005

2012 2 16 006

エーガーラントはうなだれて、帰って行きました

2012 2 16 007

2012 2 16 008

2012 2 16 009

2012 2 16 010

2012 2 16 011

ウリーは、ふしん場の隅の板に腰掛け、じっと雪を見つめていました

2012 2 16 012

2012 2 16 013

2012 2 16 014

不釣り合いな二人組は、みんなの後ろから、走って行きました♪

さて、山林通り17番地の、エーガーラントの家の前では、実業学校の生徒が、彼を待っていました

2012 2 16 015

2012 2 16 016

彼は、誰の顔も見ずに、家に入ってしまいました
他の者たちは、「わー」と怒鳴りながら、地下室に殺到しました
彼らは、捕虜に対して、腹いせをしようと思っていたのです!

2012 2 16 017

ところが、ひとりの捕虜の代わりに、彼らは、ふたりの捕虜を見つけました
みんな、互いに情けない顔を見合って、ひどく恥じ入りました

2012 2 16 018

つづく~☆
web拍手 by FC2


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andy3.blog46.fc2.com/tb.php/633-a1708aac
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。