スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

登場人物の紹介 1 

2011年12月28日 00:18

今夜から、「小芝居劇場 飛ぶ教室」の主な登場人物を、一人ずつ、ご紹介しましょう
最初は、ヨナタン・トロッツ♪

彼は、ヨーニーと呼ばれています

no146~150 007

ヨーニーはアメリカで生まれました
お父さんとお母さんは、とても仲が悪く
お母さんはとうとう家出をしてしまいます

ある日、お父さんは4歳になったヨーニーの首に、ボール紙の名札をかけて
港に連れて行きます
そして、ドイツ行きの船の船長に、こう言いました

「ドイツにいる、この子の祖父母が出迎えてくれるから」
船の中では、幼いヨーニーに、みんな親切でした

ドイツに到着して、ヨーニーと船長さんは、おじいさんたちを待ちました
けれど、いくら待っても迎えに来ませんでした
いいえ、来られなかったのです

もう、何年も前におじいさんたちは亡くなっていたのですから!
お父さんは、たった4歳のヨーニーを捨てたのでした!

ヨーニーは、時々、この事を思い、夜、泣き明かす事があります
傷ついた心は、決して癒されることはありませんでした

船長さんは、とても良い人で、妹さんにヨーニーを預けました
そして10歳になると、キルヒベルクのジギスムント高等中学の寄宿舎に入学させてくれました

休暇には、殆ど学校で過ごしました
校庭でシジュウガラと話したり、しきりに本を読んでいます

時々、こっそり物語も書いています!
web拍手 by FC2


コメント

  1. 遥か♪ | URL | k9MHGdfk

    ヨーニーの哀しい生い立ちに泣きそうになりました。
    それでも優しい船長さんに出会えたことは救いでしたね。
    傷ついた心を癒すのはたやすいことではないかもしれないけど、でもヨーニーは人の気持ちのわかる優しい子のような気がする~。
    想像して楽しんでます。

    赤いチェックのお洋服が可愛いです(*´艸`)

  2. ローズキャッツ | URL | -

    なんと悲しい・・・
    4歳だなんて一番かわいい盛りじゃないの?!
    お父さんもお父さんだけど、おなかを痛めて産んだわが子を捨てて
    家を出てしまうだなんて、同じ女性として。
    私は家を出るようなことがあったとしても絶対子供は連れて行くなぁ
    だってさぁ。自分の分身っていうか、エイリアンだよ(笑)
    10ヶ月間おなかの中で自分の栄養を分け与えて生まれてきた子だもん
    あぁ~なんかウルウルしちゃうなぁ

    きっと空想(自分の世界)が大好きな子なんだろうなぁ

  3. *AN* | URL | -

    遥か♪さん

    ありがとう~☆
    冒頭の部分に書かれているんですが、いつも涙がでてしまいます
    優しい船長さんに出会って、本当に救われますね
    ヨーニーは、暖かい家庭を作るという夢も持っています

  4. *AN* | URL | -

    ローズキャッツさん

    悲しくて、残酷な仕打ちですよね
    こんな親にはなりたくない!って、子供ながらに思いましたよ、私
    どんな状況にあっても、子供を守って、育てていくのが親というものですよね
    ヨーニーが、時々ベッドで泣き明かす・・・ってところでは、いつも涙が出ます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andy3.blog46.fc2.com/tb.php/599-86c82927
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。