スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

小芝居劇場「赤毛のアン その19 最終回」

2011年11月14日 01:43

道の曲がり角

マリラが町の医者から帰って、2・3日後
ジョン・サドラーという「家屋売買人」がやって来ました。
マリラは、この家を売ろうと考えたのでした。

2011 11 11 007

2011 11 11 008

アンは、マリラに「犠牲なんかじゃないわ」と言い・・

2011 11 11 009

アンは続けて言いました
「クイーンを出た時には、未来はまっすぐ伸びた道のようだったのよ
ところが、今曲がり角に来たのよ。曲がった先に何があるかわからないけど・・
でも、きっと、一番良いものに違いないって、思うのよ」

マリラは、生き返ったように喜びました。
アンが、大学に行かずに教えるつもりだという話は、たちまち広まりました。
すると、ギルバートがアヴォンリーの学校を辞退して、ホワイト・サンドの学校で教える手続きを、もう、取ってしまったという話が、アンに、伝わったのです!

翌日、マシュウのお墓のバラに水をあげに行った帰り・・

no145 013

no145 016

ギルバートは、挨拶をしてから、通り過ぎようとしました。
アンは、立ち止まり、ギルバートに手を差し出しました。

no145 014

no145 017

ギルバートは差し出された手を、熱心に握って・・・!
アンが手をひっこめようとしましたが、だめでした♪

no145 019

no145 018

no145 020

帰宅すると・・

no145 021

no145 022

その夜のアンは・・・

no145 023

道は、たとえ狭められたとは言え、アンは静かな幸福の花が、その道にずっと咲き乱れていることを知っていました。
真剣な仕事と、立派な抱負と、厚い友情はアンのものでした。
何者も、アンが生まれつき持っている空想と夢の国を奪うことはできないのです♪
そして、道には常に、曲がり角があるのです。。。

no145 024

アンは、そっと、こう囁きました♪

**おしまい**

長い間、ご覧頂いた皆さまに、感謝致します♪
本当にありがとうございました☆
web拍手 by FC2


コメント

  1. じいじ | URL | Zhv8jOFg

    本当に**おしまい**なんですかぁ。

     赤毛のアン、GreenGables編からAvonlea編まで
    毎回楽しみに拝見させて頂いておりました。
    それだけに、これで「おしまい」になるなんて
    とても残念です。
    ご愛読者の皆様も同じ気持ちかと・・・(:_;)

    次の機会にはアンが少女から大人に成長していく
    「Anne of Island(邦題アンの愛情)」編も
    取り上げて頂けたら嬉しいです。
    戦争シーンもあって洋服のデザインを考えるには
    ちょっと難しい時代かも…
    勝手なお願いですみません m(__)m

  2. 遥か♪ | URL | k9MHGdfk

    アンは皆が幸せになれる選択をしたんですね。
    マリラが嬉しそうでよかった♪

    そして!
    ギルバートとの和解を心待ちにしてました♪
    話す内容も考え方もよく似た二人は一生涯の友達になれますよね。
    しっかり手を握り合っててラブラブ~(*´艸`)

    道には常に曲がり角があるって深い言葉です。
    アンのように静かな幸福の花が咲く道を選択したいな。
    赤毛のアン、とっても楽しかったです。
    どのシーンもお子達の名演技で感動でした。
    そしてanさんは名監督、名演出家でした。

  3. *AN* | URL | -

    じぃじさん

    長い間、ご愛読いただき、感謝です☆
    本当に、ありがとうございました♪
    原作のアンのシリーズは、長い続きがありますよね!
    それはまた、考えていきたいと思っています。
    アンの愛情も、良いお話が詰まってますもの!

  4. *AN* | URL | -

    遥か♪さん

    長い間、ご愛読いただき、本当にありがとう~☆
    原作のラストは、アンの優しさと強さ、マリラを思う心、いっぱい読み取れて、胸が熱くなりますね
    そういう所が、少しでも表現できたら嬉しいです♪

    ギルバートと仲直りするシーン、楽しんでいただけましたか!!うふっ
    ANDYさんたちのお蔭で、最後まで楽しんで作れました。
    それに、遥か♪さんたちの励ましのおかげです~☆
    感謝、感謝です☆

  5. ローズキャッツ | URL | -

    物語になぞってお洋服を作るのって楽しいけれど
    でも難しいですね
    しっかり読み込まないとイメージわかないもの
    私は今までずっと作りたいものをただ作ることが多かったので
    今後はそういうこともやってみたい
    私もアンと同じく空想が大好きなので・・・

  6. *AN* | URL | -

    ローズキャッツさん

    私は、ANDYさんたちが「なりきって」くれるので・・(笑)
    それに、子供の頃から大好きだった児童書か、童話なので、思い入れがあるんですよ。
    お洋服は、エピソードに合わせたいものは、合わせてます。
    今、計画中なのは、登場人物が全員男の子ですよ。。。
    どうするんだって、感じで。。。

    ローズさんも、空想好きだから、お話の服、楽しいかも♪

  7. 妹のさっちゃん | URL | w1SeKh.U

    村岡花子先生の訳は神w 
    甲府の記念館かなんかに原稿が展示されてるおw

  8. *AN* | URL | -

    妹さっちゃん

    私たちは、村岡先生育ちだもんね!
    甲府かぁ。。。遠い。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andy3.blog46.fc2.com/tb.php/571-2e2c10c0
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。