スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

小芝居劇場「赤毛のアン その4」

2010年10月08日 23:45

アンの看護婦

1月のある日、シャーロットタウンに大統領がやって来ました。
マリラも、リンド夫妻も、何しろ街中の人が演説を聞くために(というか、一目見るために)出かけています。

アンは、マシュウと暖かい部屋に居て、必死にお勉強中です。
2010 10 6 005

すると、ダイアナが顔色を変えて、家に飛び込んで来ました
2010 10 6 006

アンは、ハモンドさんの3組の双子を育てた話をして、ダイアナを励まします。
マシュウは急いで、お医者さんを呼びに行きました。
アンは、イピカック(痰を出す薬)を持って、バーリー家へ!
2010 10 6 007

ベッドでは、ミニーメイがゼイゼイと苦しそうにしています。
アンはてきぱきと看護を始めました。
けれど、苦しそうな様子は変わりません
とうとう、持ってきた薬が終わってしまいます!
2010 10 6 008

すると、最後の薬を飲んだ後、ミニーメイの様子が!
2010 10 6 010

すっかり痰を吐き出す事ができたのです!
2010 10 6 009

お医者様が到着したのは、明け方近くでした。
お医者様は、帰宅したバーリー夫妻に、こう言いました。
「助けたのは、あのアンという子ですよ。あの年にしては珍しい程の、熟練した看護でしたよ」

それを聞いてバーリー夫人は、泣きながらアンに許しを乞いました。
アンはそこでこう言います。
「ちっとも、小母さんの事を悪く思っていないわ。キッパリ申し上げますけど、あたしは決してダイアナを酩酊させるつもりじゃなかったんです。ですから、これから後は、過ぎ去った過去を忘却のマントで包む事にしましょう!」

アンとダイアナは、また元のように仲良く、ずっと毎日過ごすようになります。
そして、新しい出会いが・・・・
・・・・明日に続く~♪
web拍手 by FC2


コメント

  1. 遥か♪ | URL | k9MHGdfk

    小芝居劇場待ってました(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ
    ANDYさん、この間はダイアナでフラフラ状態を熱演してたのに、今日はテキパキと看病するアンとして大活躍してる~。
    本当にanさんは話にあうように表情とか動きを撮るのが上手い♪
    毎回お話に引き込まれます。
    でもってドロシーちゃんまでもが女優デビュ~♪

    過ぎ去った過去を忘却のマントで包むっていい言葉(*´艸`)
    私も今度使ってみよう(どこで?; ̄ロ ̄)!!)

  2. *AN* | URL | -

    遥か♪さん

    お楽しみ頂けて、とっても嬉しいですっ♪
    実は、お写真撮る時に、セリフを言いながら撮るんですっ!(きゃ~)
    その姿を想像して頂ければ・・・大笑いですわ~(恥)

    忘却のマント・・アンも、自分の言葉に酔ってましたよ~(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andy3.blog46.fc2.com/tb.php/298-b38fc996
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。