スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

小芝居劇場「家なき娘」その4

2010年07月01日 22:24

そんな時に、ビュルフランおじいさまの、通訳秘書が重い病気になりました。
ロザリーは、「オーレリー(ペリーヌ)は英語ができます」と推薦してくれました。
ペリーヌのお母さんはイギリス人なので、英語の読み書きは得意なのです。

おじいさまの秘書になれる・・・
ペリーヌは、胸がドキドキしました。
2010 6 27 013
ビュルフラン社長は、オーレリー(ペリーヌ)をとても気に入りました。
オーレリー(ペリーヌ)の身の上話を、とても感心して聞きました。

「気立ての良い賢い子だ」と、いつも傍に置くようになりました。
けれど、まだ、孫であることは打ち明けられません。

社長に信頼されて、ペリーヌは通訳としてだけでなく、秘密のお手紙まで預かる事になりました。
no100 003

実は、ビュルフラン社長の周りには、財産を狙う悪い人が大勢いました。
社長の目が悪いのを良い事に、いつも、勝手な事をしていました。

ペリーヌが預かった、秘密の手紙も奪われそうになりました。
特別な仕事をするペリーヌの安全の為、ビュルフラン社長は、自分の家にペリーヌを住まわせます。

とうとう、おじいさまと暮らせる事に・・
でも、まだ、名乗り出る事はできません。

さて、特別な仕事・・・それは、ペリーヌのお父さんの捜索依頼でした。
そして、ついに、お父さんがギリシャで亡くなった事が知らされます。

ビュルフラン社長は、すっかり力を落としてしまいました。
ペリーヌは、社長を元気付けようと、励まします。
no100 008

ペリーヌは、ビュルフラン社長に「工場で働く人達を、大切に考えて欲しい」と進言します。
工場は立派でも、託児所や、下宿はひどいものだったからです。

ビュルフラン社長は、ペリーヌの言うとおりに、工員のための設備を整えました。
みんな、とっても喜んで、社長に感謝しました。
ビュルフラン社長は、生きがいを感じ、元気を取り戻していくのでした。

そして、ある日、長い間調査に出かけていたファブリさんが、帰ってきました!
とても嬉しい結果を持って!!

ファブリさんの言葉。
「ペリーヌお嬢様、よろしゅうございましたなぁ!もう、ご心配はいりませんよ!」
「そうそう、ラ・ルクリさんのところで、パリカールにも会いましたよ。元気でしたよ!」

それを聞くと、ペリーヌの目からは涙があふれました。
no100 009

実は、おじいさまは「オーレリー(ペリーヌ)が自分の孫ではないか」と、感じていました。
そこで、ファブリさんに調査をさせていたのです。

おじいさまは、目の手術を受ける決心をして、手術は大成功!
ペリーヌはパリカールと、また一緒に暮らせることになりました♪

自分で努力して、幸せをつかんだペリーヌのお話でした。

***おしまい***

長いお話なので、かなり割愛しています。
「家なき子」の作者、マロの作品です。
世界名作劇場では「ペリーヌ物語」という題名でしたね。

私、頑張り屋のペリーヌが大好きです♪
web拍手 by FC2


コメント

  1. 遥か♪ | URL | k9MHGdfk

    お話の中でみるとおじいさま秘書のお洋服がより一層可愛い。
    これはペリーヌのお手製って設定なのかな。
    英語とフランス語の通訳やっちゃうなんてペリーヌ知的だ~。

    ペリーヌはいつも前向きで思いやりのある頑張り屋さんですね。
    私も好きになりました。
    おじいさまを一生懸命支えるペリーヌがいじらしい。
    素敵なお話をありがとうございます。

  2. ローズキャッツ | URL | -

    私は本好きだったけれど、実際はあんまり読んでなかったのねぇと今更ながら思ってます。
    ペリーヌ物語・・そういえばやってましたね。年齢的にちょっと大きくなっていたので見てないです。
    母を訪ねて三千里とかフランダースの犬とかは記憶にあるけれど、でも実際本を読んでないのでうら覚えです
    そうか~家なき子ってこういうお話だったのね
    (ANさんがコメント読みながらあきれ返ってそうだわ・・・)
    今更聞けない「家なき子」のお話を知った!という感じです

  3. petit藍 | URL | -

    ♪春の風は優しく~優しく頬をな~でる~さあ、泣くのはおよし…ぺりーぬ~♪て、歌でしたっけ?
    物語はよく覚えてないですが、歌は大好きで歌ってた覚えが^^
    こういうお話だったんですね~~~
    人間、誠実ですね♪

  4. *AN* | URL | -

    遥か♪さん

    この服は、おじいさまが「秘書用に」買ってくださったの♪
    オーダーメイドなんですよ☆
    ペリーヌは、今で言う「バイリンガル」だったんです~☆

    ペリーヌが、遥か♪さんに気に入って頂けて嬉しいです♪

  5. *AN* | URL | -

    ローズキャッツさん

    私、昔からオタク気質だったもんで・・(笑)
    図書館のヌシみたいな子供だったの。。。

    「家なき子」は、男の子レミのお話で有名ですね。
    「家なき娘」は、あまりメジャーなお話では無いみたい。
    フランダースの犬~(泣)
    マルコ~(泣)
    思い出します~☆

  6. *AN* | URL | -

    藍さん

    アニメの歌、そんな歌詞でしたね♪
    当時のアニソン、私も、結構歌えちゃう☆

    誠実さ!そうですね!
    私、ペリーヌにも、憧れてましたわ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andy3.blog46.fc2.com/tb.php/231-7b45b6b9
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。