スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

小芝居劇場 「パンを踏んだ娘」その2

2010年06月04日 22:30

さて、水溜りだと思っていた所は、実は沼でした。
インゲは、沼の底に落ちてしまったのです。

体は石のように硬くなり、動く事も出来ません。
no94 021





そこは、暗く、ジメジメしていて、本当に嫌なところでした。
けれど不思議な事に、地上からの声だけが聞こえてきました。

お母さんが、嘆いています
no94 022

奥様も、悲しみました
no94 023

地上では、みんながインゲの悪口を言っています。
no94 024

「あれくらいの事で、こんな目にあうなんて!何よ!」
no94 025

インゲは、それからもずっと長い間、沼の底に立っていました。

そしてある時、地上から子どもの泣く声が聞こえました。
子どもは、母親からインゲの話を聞いたのでした。

「沼の底は、とっても怖いでしょうね。。。あぁ、可愛そうなインゲ。。。え~ん。。。」
no94 026

初めて、インゲに同情する声が聞こえたのです。
インゲは、心からありがたく思い、涙があふれてきました。

「なんてありがたい言葉。。なんて優しいの。。。」
「あぁ・・私は本当に悪い子だったわ・・・」
no94 028

すると、急に目の前が明るくなりました!
インゲは、灰色の小さな鳥になって、地上に戻ったのです。
no95 009

灰色の小鳥になったインゲは、自分がするべき事を知っていました。
no95 010

パン屑を拾っては、他の鳥に殆どあげて、自分は少しで我慢しました。
そして、あの時のパンと同じ量、みんなに分け与えた時・・・
no95 011

灰色の小鳥は、真っ白な美しい鳥になっていました。
白い鳥は、輝く翼を広げ、遠い遠いお日様の向こうに飛んで行ったのでした。
no95 012

**おしまい**

アンデルセンのお話は、どれも、少し悲しいお話ですね。
鉛の兵隊、マッチ売りの少女、人魚姫、みにくいアヒルの子。。。

今回、子どもに読み聞かせた時の事を懐かしみながら、OFを作りましたよ。

さて次回は・・・・?
まだ決めてないの。。。。
web拍手 by FC2


コメント

  1. 遥か♪ | URL | k9MHGdfk

    まぁ(≧◇≦)開き直っててインゲ全然反省してねぇぇぇ。
    って思ったら優しい思いに触れてようやく気づいたんですね。
    やっぱり叱ったり罰を与えるだけじゃなく、思いやりの心を表して気づかせることも大事ですね♪
    綺麗な心を取り戻してよかったです♪

    最後のパタパタ飛ぶ姿が可愛い(*´艸`)
    でも飛んでっちゃわずに皆の元へと戻って優しくしてあげるってエンディングがよかったです。

  2. ローズキャッツ | URL | -

    こういうお話だったんですね
    読み終わってぞぞぞぞぞぉ~と鳥肌が立ちました
    昔話や童話って世の中の出来事を子供に教えるためにあるんですよね
    そうかぁ・・・
    ちょっとしんみり。そしてね、考えさせられるテーマでした

    きれいな鳥になって羽ばたけてよかったぁ

  3. uniko | URL | W/xj3oFY

    う~ん。。。
    ほんと、少し悲しくて重いお話ですね。
    「いい子になりなさいよ!」「はい!」チャンチャン♪
    みたいな感じじゃないんですね。
    でもそこが心に残るんだろうなぁ。

  4. さっちゃん | URL | w1SeKh.U

    まあ、なつかすいw

    モーさまの、漫画を思い出すわね~♪
    漫画の方のエピローグ部分が印象的だったね。
    あのエピローグが結構好きだったなぁ。

  5. *AN* | URL | -

    遥か♪さん

    そうなんです。。。
    反省しないもんで、インゲは何と、何十年も沼の底にいたの。
    みんなに、悪口を言われ続けてね。
    だから、温かい言葉が身にしみたのかも。。

    パタパタ飛ぶ練習、ルイちゃん何度もやりました(笑)
    地上で、お返しをする事で浄化していく。。。
    子どもには、難しいお話ですよね。

  6. *AN* | URL | -

    ローズキャッツさん

    私も、子供の時は、怖かったですよ。
    沼の底なんて、想像しただけでもイヤですもんね。

    原作では「神様の食べ物を踏みつけた」と書かれていますが、私は「人の心を踏みつけにした」と、解釈しています。
    子どもには、ちょいと難しいテーマですかね。

    ラストは、羽ばたく姿が目に浮かぶように書かれていて、感動します。

  7. *AN* | URL | -

    unikoさん

    アンデルセンって、理不尽で、救われない、悲しいお話が多いですよね。
    このお話は、アンデルセン童話の中でも異色のお話。

    白い鳥になって、天国に昇るんだなぁ。。って思わせるラストが、また悲しいの。

  8. *AN* | URL | -

    妹さっちゃん

    そうなのよぉ。
    モー様の「白い鳥になった少女」なの。
    気持ち的にはね。

    モー様は、最後、男の子が灰色の小鳥の告白を聞いて・・・という独自の展開だったでしょ。
    天才だなぁ。。。って、思うわ。

  9. 藍 | URL | -

    小さい頃、アンデルセン物語ってありました~~
    ズッコの歌は歌えるんですけど、いつも釘付けでした♪
    残酷なのって、大人は遠ざけたがるけど、子供は結構普通に受け止めてるんですよね~~~
    次はなんだろう…^^

  10. *AN* | URL | -

    藍さん

    そう言えば、アニメがありましたね!
    ズッコ!思い出しましたよ。
    懐かしい~

    童話って、グリムもペローも、もっと恐ろしい話がいっぱいですね!
    読み聞かせる時に、怖い魔法使いの声を出したり、母も演技が大変(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andy3.blog46.fc2.com/tb.php/210-0b319ff3
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。