スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

小芝居劇場「小公女」 その2

2010年02月20日 23:20

さて、パン屋に入ると、パンのとっても良い香りがします。
そして、人の良さそうな、パン屋のおかみさんが声をかけています。
no78 024

美味しそうな、焼き立てのパン!
no78 025

セーラはおかみさんに、落とし主を尋ねました。
おかみさんは「こんな事を聞くなんて、変わった子だわ」と思います
no78 026

そして、おかみさんは優しく言いました。
no78 027

セーラが甘パンを4つ買うと、おかみさんは2つもおまけしてくれました。
no78 028

お礼を言って外に出ると、セーラはさっきの宿無しの子の所へ。。。
「温かいわよ、食べてごらんなさい」と、パンをあげました。
no78 029

宿無しの子は、夢中で食べています。
「わたしより、ずっとお腹がすいていたのね・・」
とうとう、5つのパンをあげてしまいました。
no78 030

セーラは、5つのパンを渡すと「さよなら」と帰って行きました。
宿無しの子は、5つ目のパンを食べずに、ずっと、見送りました。
おかみさんは、これを見ていて「なんて立派な子だろう」とセーラに感心するのでした。
no78 031

この、セーラの行いは、パン屋のおかみさんの心を大きく動かします。

お隣のキャリスフォード氏が、クルー氏の友人だとわかり、もとのお金持ちの生活に戻った時、セーラは、このパン屋に行きました。
すると、あの、宿無しの子がお店の中で働いていたのです。
「あなた、良かったわね♪」セーラが言いました。
女の子は「はい!お嬢様!」とにっこり答えました。

セーラはおかみさんに、こう頼みます
「お腹がすいた宿無しの子が来たら、いつでも、あたたかい甘パンをあげて下さい。そして、お勘定は全部、わたしの屋敷によこしてください」と。。。

おかみさんは、大喜びで、しっかりと胸に手をあてて、答えました。
「まぁ、そんな事をさせていただいたら、わたしもどんなにうれしゅうございましょう!」

さて、ウチのお子達は、どんな感想を持ったのかしら?
no78 032

no78 033

うむむ。。。。ま、しょうがないか。。
まだ、お子ちゃまだからね。。

私は「優しいセーラの心を持って、生きたいな・・・」
そう思いつつ、ウン十年、果たしてセーラのようになれたかどうか・・・。
web拍手 by FC2


コメント

  1. 遥か♪ | URL | k9MHGdfk

    皆名演技で素敵~(≧∇≦)
    ルイちゃんパン屋のおばさんだなんて落ち着いた役も演じられるのね♪
    そうそう、こんな名シーンがあった♪あった♪と懐かしく思いながら見ました~。

    セーラは自分の立場がどう変わろうとも優しい心だけは常に持ってる子でしたよね。
    可愛いお洋服や素敵なお話をずっと大切にしてるanさんはセーラのようになれてると思う~♪
    でも最後はやっぱりパン屋さん争奪戦(*´艸`)

  2. *AN* | URL | -

    遥か♪さん

    ありがとう~☆
    ルイちゃん、食べ物に弱いの(笑)
    懐かしい名場面でしょう?

    ほんとう~?
    嬉しいです~♪
    セーラみたいな、おばあさんになるの(決意)

    お子たちは、何しろ、食べ物に弱くて(爆)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andy3.blog46.fc2.com/tb.php/140-4efe9649
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。