スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

連載小芝居「秘密の花園」その1

2010年02月11日 23:58

メアリは、インドで両親と暮らしていました。
ところが、両親はコレラで亡くなってしまいます。
no75 004

一人ぼっちのメアリは、イギリスの伯父様(ママのお兄様)に引き取られる事になりました。
そのお屋敷は大きくて、荒れ野の中にありました。
no75 008

伯父様はメアリに逢う事なく、旅行に出かけてしまいます。
メアリは、また、ひとりぼっち・・。

あくる日、メアリはマルサという女中に起こされます。
でもマルサは、メアリの女中ではありません
「誰が、私に服を着せるの?インドでは召使いが着せてくれたわ!」
「服は自分で着るもんだに、メアリお嬢ちゃん」
76 013

メアリの両親は、忙しくてメアリと触れ合う事がありませんでした。
メアリは、いつもお家の中で、召使いと遊んでいたのです。
なので、泣き喚いたり、わがままを言っても叱る人はいませんでした。
メアリは、青白い痩せた体の、ひねくれた子どもだったのです(かわいそうだよ~)

マルサは、泣き喚くメアリをなだめる為に、いろいろなお話をします。
それは、マルサの家族の話や、荒れ野の話、そして秘密の花園の話・・・
メアリは、マルサの弟のディッコンや、荒れ野やお庭が好きになりました。
「ディッコン坊やに会いたいわ!秘密の花園って、どこにあるの?」
76 011


メアリは、外に興味を持って、お庭で遊ぶようになりました。
こまどりや、草や花の芽に驚いたり、感動したり。

今、メアリが気になる事は2つ・・・

ひとつは、伯父様がカギをかけてしまった「秘密の花園」の事
ところが!それらしいカギを、お庭で偶然発見したのです!
カギは、こっそりポケットに隠して持つ事にしました。
76 010

そして、もう1つは・・・
毎夜、お屋敷のどこかから、泣き声が聞こえるのです!
マルサに聞いても、違うと答えます。
76 018

このお屋敷は、秘密だらけ!
メアリは、「秘密の花園の入り口」と、泣き声の正体を見つけようと決心するのでした・・・
つづく・・・(え~)
web拍手 by FC2


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andy3.blog46.fc2.com/tb.php/133-23c4e116
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。